トップ > 

仏ヶ浦を陸路から観光してきた

2019年9月18日(水)  天気 曇りのち晴れ

仏ヶ浦


奇岩の景勝地として知られる青森県下北半島の仏ヶ浦には、近くの佐井漁港から遊覧船で行くのが一般的なようですが、陸路で行く方法もあります。
遊覧船の場合は海からの眺めも楽しめるメリットがある反面、現地での滞在時間が30分ほどしかないようですし、船の時間に合わせて行動しなければならない、シケのときは船が出ない・・・という制約もあるので、陸路で行く選択肢も良いかなと思います。

ただし陸路の場合は、駐車場から仏ヶ浦までの遊歩道(おもに階段)を歩くことになるんですが、かなりの高低差があり、行きはヨイヨイだけど帰りが大変ですゾ
今回、私の場合では、仏ヶ浦から駐車場に戻るのに17分かかりました。 ずっと登りです。
脚に自信がない場合は遊覧船のほうが良いでしょう。

でも遊歩道自体は立派に整備されていて歩きやすいですし、なにより船賃がかからずタダ♪
現地での滞在時間も思いのまま。 歩くの大好きな方にはお勧めです。

大間方面から南下してくると、まず現れるのが「仏ヶ浦駐車帯」
立派な駐車場でトイレも有り。
でもここは仏ヶ浦に降りるための遊歩道の入口ではありません。遊歩道入口の駐車場は、ここから南に約1.5kmほど行ったところを右に入ります。

仏ヶ浦駐車帯には展望台があり・・・

仏ヶ浦を見おろせます。けっこう遠いですな。

さて、ここからさらに1.5kmほど南下すると・・・

仏ヶ浦駐車場に着きました。

ここが遊歩道の入口。

やっぱり熊、いるんだ~   ってか、熊はどこにでもいるわな。
今回、平日だけど行き帰りで20人くらいの人と会いました。でも熊鈴を付けている人は誰もいませんでした。まあ登山ではなく観光だからね。
私だけは熊鈴を付けて歩きます。

最初はこんな道を歩き、

階段状になり、四阿もあり。

後半はずっと木の階段を下りていきます。なかなか快適♪

ひたすら下りて・・・

到着~~!

この道の先は船着き場

まずは南(左)のほうに行ってみよう。

うーん、いいですねぇ~  この荒涼とした雰囲気。

海水が入り込んでいるところに仮設の道が作られていました。この先まで行けます。

奥の方に進んでいくと・・・

これ凄い!
カッパドキアとかサグラダファミリアを連想しちゃった。
岩の浸食がすごい。

アップで見る。 なんだか、三角頭巾をかぶった怪しい魔物たちの集会に見えなくもない。

ここ、縦走できる人いるかな?

海に目をやる。 陸奥湾が夕陽をあびて輝いていました。波も穏やか。

でも海岸の岩をよーく見ると、たくさんのドクロたちが集まっているように見えなくもない。

手前の岩って、よく見るとおとぎ話に出てくるタレ目のおじいさん・・って風に見えなくもない。

波に削られたのか、花が咲いたような形の岩

山犬が遠吠えしている

これも右上のほうをアップで見ると・・・

ニワトリたちが向かい合って何か相談していた(笑)

アメリカ版のゴジラ ここにいたのか。

船着き場に戻ってきた。

晴れてきて気持ちいい♪

犬が向こうを見てなにか考えてる。

これも首長の何か。

すべての岩の頂上が、何かの動物に見えてしまう。

トイレは和式だった。でも改装工事が行われるようなので、来シーズンは洋式になるのかな?


さて、たっぷり楽しんだので駐車場に戻りますよ。
黙々と階段登りをノンストップで登り切り、計ったら17分かかりました。

普通にのんびり往復するとしたら、行き(下り)に15分、帰り(登り)に25分ほど見ればよいかと思います。