トップ > 

ふけの湯温泉から長沼散策

2019年10月10日(木)    天気 快晴! 

八幡平の長沼
森の中に静かに佇む 長沼


ふけの湯温泉の野天風呂に、前回(秋田焼山に登った時)は入りそびれたので、今回リベンジ。
ただ温泉に入るだけじゃもったいないので、長沼までちょっとハイキング。

行きに40分、帰りに30分ほど歩いて行ってこれるので、手頃です。
ただし熊はたくさん生息していると思われるので、熊対策だけはしっかりと・・・

今日は天気が最高に良かった。(^^)  でも長沼付近の紅葉は、少しだけピークには早かったかな?

今日はすんげー いい天気!
八幡平見返り峠を越え、秋田県側に少し入ったところの駐車帯から見た景色。 岩手山と畚岳。

鳥海山はもちろん、奥のほうに月山らしき山まで見えてる。
さらに奥のほうにも山が見えるけど、もはやどこの山かわからん。
隣で見ていた若者たちも感動してた。

ふけの湯温泉旅館の前に車を停め、ここから歩き。
平日なんだけど天気が良くて紅葉シーズンなので混んでる。 なんとか駐車できた。帰りに日帰り入浴でお世話になりますよ。

長沼方面に行くには、ふけの湯名物「野天風呂」の前を通っていきます。

すごい温泉蒸気! あちこちからモクモクと沸いてます。 硫黄のにおいもプンプン。

歩いていくと、まずは右側に女性用野天風呂。

次に男性用野天風呂。

あちこちの地面から蒸気が噴出。 すごいです!

沸騰してボコボコ音をたててる。

一番奥には混浴野天風呂。

長沼から帰ってきてから日帰り入浴し、旅館内の「内湯」と、野天風呂の「男用」、「混浴」と入ってみたけど、ここの混浴が一番いい感じ。
特に、画像奥のほうに見える丸いタライ型のお風呂が、全部で4つあるけどどれも少しずつ温度が違うようで、ほどよく熱いのが好きな私としては丁度よく、深さもあり、足を伸ばして入ることができるのでとーっても良かった!

もちろんほかのお風呂も皆、それぞれ雰囲気があっていいですよ~

混浴の入口。 ワイルド感いっぱい。

このお風呂は周囲から完全に見える状態なので、混浴とはいっても事実上男湯みたいなもんじゃないかな。

ここからが登山道。

大谷地との分岐点になる標識。 クマに派手にかじられてる。 (・・;)

大谷地は、その名の通りけっこう広い湿原。

池にはカモがいました。 見ているうちにツガイ単位で池から池へ飛んでいった。
遠くてカモの種類まではわからなかった。カルガモよりは小さめで、キンクロハジロくらいのサイズ。

なんだか分からないけど、きれいな紅葉。

昨日までの雨で木道が滑りやすい。

美しいブナ林の中を行きます。
大谷地を過ぎると登りになり、登り切って少し下ると突然、長沼に出た。

写真撮影してる先行者が3名いました。

森の中に佇む・・・っていう感じの長沼。

右のほう(南側)にいくと浅くなり、最後は湿地になっているようでした。

四阿もあり、椅子とテーブルがあって4人くらい座れる。 ここでお昼。
ご一緒した初老のご夫婦は鍋焼きうどんを作ってた。うまそう~

この四阿も柱も、クマたちにあちこちかじられてた。* ̄(エ) ̄)ノ

さて、満腹になったし帰るとしますか。 
天気がいいので、逆光で見る紅葉もとてもきれい。これはナナカマド。

ブナの樹林帯も、逆光だとさらに美しい。

ハウチワカエデはまだ全然紅葉してないけど、光を通す緑も素晴らしい!

大谷地に戻ってきた。 カモたちはまだたくさんいました。

ふけの湯に戻ってきました。 温泉が楽しみ~♪